原田ひ香『一橋桐子(76)の犯罪日記』(徳間書店、2020/徳間文庫、2022)

『三千円の使いかた』に続いて連読。
原田ひ香『一橋桐子(76)の犯罪日記』(徳間書店、2020)を読む。
現代的なテーマを肩ひじ張らずに取り上げる文体がいいなと思う。
著者がNHK創作ラジオドラマ大賞出身であることが分かる気がするな。
「上から目線」でなく、ラジオ的な「横から目線」を感じる。
(平成17年[第34回]「リトルプリンセス2号」で最優秀賞。
 同賞は翌18年[第35回]大賞に湊かなえ作品「答えは、昼間の月」を選んでいる)



「著者からのコメント」を引用する。


  テレビや雑誌で、
  凄惨な事件や驚愕の出来事などを見るのが苦手です。
  しばらく、そのことばかり考えて
  何も手につかなくなったり、眠れなくなったりします。


  そんな時は事件の当事者の、
  いったいどこに分岐点があったのか、
  どこでどうすれば事件に巻き込まれなかったのか
  答えが出るまで考えてしまいます。


  残念ながら、
  答えが見つからないこともしばしばです。
  桐子さんは小さな幸せから放り出されました。
  彼女が事件に巻き込まれないように
  一緒に考えてはくださいませんでしょうか。
  共に、はらはらしてくださったら幸いです。


【担当からのコメント】を引用する。


  私も桐子さんと同じ、
  「人に迷惑をかけないで生きていきたい」
  と思っていました。


  でもこの本を読んで、
  「迷惑をかけて生きていてもいいのかもしれない」
  と考えが変わりました。


  人に迷惑をかけてこそ、生きている証なのだと!
  人とのつながりが疎遠になっている今この時代だからこそ、
  読んでもらいたい作品です!


●●●

    人に迷惑かけない老後を
    送るためには、どう生きればいい?
    老親の面倒を見てきてた桐子は、
    気づけばたったひとり、76歳になっていた。


    両親をおくり、
    わずかな年金と清掃のパートで細々と暮らしているが、貯金はない。
    同居していた親友のトモは病気で先に逝ってしまった。
    唯一の家族であり親友だったのに……。
    このままだと孤独死して人に迷惑をかけてしまう。


    絶望を抱えながら過ごしていたある日、
    テレビで驚きの映像が目に入る。
    収容された高齢受刑者が、刑務所で介護されている姿を。
    これだ! 光明を見出した桐子は、
    「長く刑務所に入っていられる犯罪」を模索し始める。


本書の目次は以下の通り。

  第一章 万引
  第二章 偽札
  第三章 闇金
  第四章 詐欺
  第五章 誘拐
  最終章 殺人
  解説 永江朗(文庫版)



(「答えは、昼間の月」所載)

fuzkue(フヅクエ)初台店再訪

同居人の夜食弁当を早めに作り終え、
かねて計画していたツアーに出掛ける。
本の読める店 fuzkue(フヅクエ)初台店、二度目の訪問。



オペラシティのくまざわ書店で1,500円以上の買い物をし、
fuzkue精算時にレジでレシートを見せると
会計が15%割引になるキャンペーンを11月30日までやっている。
これを利用しようと思ったのだ。


前半カウンターで過ごし、
後半、ソファが空いたことを女性スタッフが教えてくれ移動。
僕の滞在中、他に三四人のお客さんが出たり入ったり。
みなさん、思い思いのポーズで本を読んでいる。


飲み物、食べ物を注文し、
本を片手にメディテーションでもしているような。
なんだか不思議な空間。
気づくと、たぶん2時間はここにいた。


佐藤亜紀『吸血鬼』(角川文庫、2022/講談社、2016)

書評サイト「All Reviews」が企画運営する
オンライン対談イベント「月刊All Reviews」。
5月に作家・川本直、書評家・豊崎由美(フィクション担当責任者)が
佐藤亜紀の新刊『喜べ、幸いなる魂よ』(KADOKAWA、2022)を紹介。
後半には客席にいた佐藤も参加し鼎談となった。
そのセッションで最後に紹介されたのがこの一冊。
佐藤亜紀『吸血鬼』(角川文庫、2022/単行本:講談社、2016)を読む。


(カバーイラスト/阿部 結、カバーデザイン/坂詰佳苗)


カバー裏の「あらすじ」を引用する。


  1845年、オーストリア帝国支配下にあるポーランド
  僻村ジェキに着任した役人ゲスラーは、
  若き妻を伴い陰鬱な地にやって来た。
  かつて文学青年だった彼は、
  愛国詩人でもある領主との交流を心待ちにしていたのだ。


  だがその矢先、村で次々に不審な死が発生し、
  人々は土俗的な迷信に怯え始めるーー
  独立蜂起の火種が燻る空気の中、
  人間の本質と恐怖の根源を炙り出す、恐ろしくも美しい物語。
  皆川博子氏と作者による解説を収録。


皆川の「解説(作者と共に)」から引用する。


  『吸血鬼』を読み耽っているとき、不思議な体験をしました。
  音楽を感じた……というより、音楽を視た、のです。
  人物のそれぞれが異なる楽器であり、情景を記す地の文まで楽器であり、
  それを作曲者である作者が指揮して交響楽を演奏するというふうで、
  読了後も、複雑な重層性に圧倒されながら音楽の余韻の中にいました。


皆川は続けて、
この解説に「作者と共に」と付記した理由について説明している。


  文庫化にあたり解説をお引き受けはしたのですが、
  「解説」というからには、解説者は少なくとも
  作者と同程度の知識、見識を持たねばなりません。
  基礎知識に欠ける私には不可能なので、
  幾つかの質問を記したメールを作者にお送りしました。


  佐藤さんは最初、原稿用紙換算で
  三十枚を超える長文を書いてくださったそうですが、
  解説の紙数はごく少ないので、
  短いバージョンをさらに書き直すという難業をしてくださいました。
  メールによるお手紙の挨拶(あいさつ)を除いた全文を
  ここに転載します(ゆえにこの「解説」は、半分は作者自身によるものです)。

                             (pp.314-315)


この後に続く佐藤の文章は
本書で読んでほしい。


佐藤の略歴をカバーから引用する。


  1962年新潟県生まれ。
  91年『バルタザールの遍歴』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、デビュー。
  2003年『天使』で芸術選奨新人賞を、
  08年『ミノタウロス』で吉川英治文学新人賞を受賞。


  16年に発表した本書と19年に発表した『黄金列車』は
  それぞれTwitter文学賞国内編第1位を獲得した。
  他の著書に『鏡の影』『戦争の法』『モンティニーの狼男爵』『1809』
  『醜聞の作法』『金の仔牛』『スウィングしなけりゃ意味がない』など多数。



三浦俊章評:関正生『真・英文法大全』(KADOKAWA、2022)

クリッピングから
朝日新聞2022年10月1日朝刊
読書欄「売れてる本」
真・英文法大全 関正生 <著>



  太い幹から攻略 巧みな説明


  英語学習とは厳しい修行の道である。
  そう信じた世代に属する評者にとって、
  「わかりやすくて人生変わる」「スラスラ読める!」
  というこの本の宣伝文句は驚きである。


  読んでみると、売れている理由がわかる。
  図を使って視覚に訴える説明や、
  教室で教えているような講義スタイルは、
  最近の学習書の定番だろうが、
  教える順番にも工夫がある。
  多くの英文法書は、名詞、冠詞あたりから始まり、
  学習者は細かい規則の海でたちまち溺れてしまう。


  この本は、現在形、過去形、完了形など、
  日本人の多くが誤解している「時制」をまず取り上げ、
  太い幹から英文法を攻略するやり方だ。
  教える内容を注意深く絞っており、
  ときに伝統的な教え方と違う記述に戸惑うこともあるが、
  長年の対面・映像授業で鍛えてきた説明は巧みだ。
  (略)


  これ一冊で英文法の学習が十分かどうかは見方が分かれるだろうが、
  「迷える中級学習者」の背中を力強く押してくれるだろう。

                  三浦俊章(ジャーナリスト)

    ●●●

    KADOKAWA・2420円=4刷7万部。3月刊。
    著者はオンライン予備校「スタディサプリ」の講師。
    担当者は「集大成かつアップデートされた内容で、
    幅広い層に読まれている」。





鴻巣友季子評:『新訳 老人と海』(アーネスト・ヘミングウェイ/今村盾夫訳)(左右社、2022)

クリッピングから
毎日新聞2022年10月1日朝刊
「今週の本棚」鴻巣友季子評(翻訳家)
『新訳 老人と海』(アーネスト・ヘミングウェイ著、今村盾夫訳)
(左右社・2200円)



  ヘミングウェイの代表作『老人と海』の新訳が上梓(じょうし)された。
  同作家の研究の第一人者今村盾夫による翻訳であり、
  巻末には手厚い解説も収録されている。
  (略)


  語彙(ごい)や構文の点ではおおむね、
  難解、複雑なところは少ないヘミングウェイ作品だが、
  翻訳の難度では最上位に入る作家だと思う。


  『老人と海』は特にある点が長らく議論の的になってきた。
  老漁師サンティアゴに寄り添う the boy は何歳なのか?
  「十歳説」と「二十二歳」説があるという。
  多数ある日本語既訳では、このマノリンという人物は
  十歳から十代前半の「少年」に想定されていた。
  映画でも十代前半の子役が演じている。


  今回の新訳は二十二歳説をとり、
  初めて the boy を成人した「若者」として訳出した。
  成人男性と判断した理由は、訳者解説で丁寧に説かれている。
  (略)


  翻訳により世界が刷新される。
  多彩な既訳も併読されたい。
  それぞれに彫琢(ちょうたく)された訳文と解説を楽しめるのは、
  翻訳書読者ならではの贅沢(ぜいたく)なのだから。




ブナハリタケをいただきました

ご近所に住むマダム山野草から
ブナハリタケをいただきました。
マダムはキノコ類にも博識です。
ご自分の故郷である会津が原産のようですが、
子どもの頃から生えているのを見たことがないそうです。



新潟から送ってもらった野生のものを
我が家にもお裾分けしていただきました。
マダム自家製の炊き込みご飯(仕上げにバターを使う)。
大王食堂謹製のお菜をタッパーに詰めて
同居人と賄いの弁当2ケ完成。



生でいただいた分はマダムの教えにのっとり
絹豆腐と一緒におすましにしてみました。
自然のキノコの潜在力は高いですね。
味蕾に山の秋が訪れました。