勉強と趣味の読書、体を動かすことの三つを交互に組み合わせる(海原純子)

クリッピングから
讀賣新聞2024年6月11日朝刊
人生案内 趣味の読書と勉強両立に悩む


  中高一貫校に通う10代の女子生徒。
  趣味は漫画や小説を読むことです。
  一度読み始めると止まらなくなり、
  メリハリをつけて、
  勉強と趣味を両立させることができず悩んでいます。

  周りの同級生は勉強熱心で、
  私もそのような優秀な人たちに追いつきたいと努力しています。
  最近は、「自分もいい成績をとらなくては」という思いから、
  読みたい気持ちを抑えて勉強しています。

  漫画を読んでいると、遊んでいるように感じられるため、
  好きな漫画の続刊は買わないようにして、
  持っていた漫画は古本屋に売りました。
  通学時や休憩時間に小説を読むこともやめ、勉強しています。
  
  親からは「少しストイックすぎないか」と言われました。
  私も、心の片隅では「もう少し漫画や小説を読みたい」と感じています。
  趣味の読書と勉強を両立し、
  メリハリのある生活を送るにはどうすればよいですか。

                       (愛知・N子)


  いい成績をとるために必要なのは、
  勉強にかける「時間」ではなく、「質」を高めることです。
  勉強する時間を多くするのではなく、
  勉強するときの集中力を上げる方法を習得することが大事です。

  人が集中できる時間はそれほど長くはありません。
  勉強する時間を、例えば1時間半と決め、
  その時は完全に没入して勉強する。
  その時間が終わったら、20分ほど小説や漫画を読む。
  そのあと、10分ほど散歩したりストレッチしたりして体を動かす。

  このように勉強、読書、運動の三つをセットにして行うと、
  脳の異なる部分と体を使うことができて、
  リフレッシュしながら集中の質を高めることができます。
  ひらめきやアイデアもその方が生まれやすくなると思います。

  勉強だけしていると脳と体の一部分だけに疲労がたまり、
  一度漫画を読み始めると止まらない、となりがちです。
  試験の前などは、時間の配分を自分なりにアレンジしてみてください。

  勉強と趣味の読書、
  体を動かすことの三つを交互に組み合わせることは、
  今後あなたが成長して仕事を始めたり、
  家庭を持ったりした時にも役に立つと思います。

                      海原純子心療内科医)





自分の老いや ”おっくう” と闘う毎日でした(草笛光子)

クリッピングから
讀賣新聞2024年6月11日朝刊
<広告> 雑誌「ハルメク」7月最新号Special
90歳をおもしろがる草笛光子さんの流儀



  昨年90歳を迎えてなお第一線で活躍する草笛光子さん。
  50代からの女性のための雑誌「ハルメク」は、
  創刊以来たびたび草笛さんにインタビューを行い、
  これからの人生を楽しむ秘訣を読者に届けています。

  最新号では、今月21日に公開を控える主演映画のことや、
  「おっくうとの闘い」という老いについての思いなどを
  草笛さんに伺いました。
  ここでは誌面で語りきれなかった内容を特別にご紹介!


  ーー2か月の撮影期間は。


  自分の老いや ”おっくう” と闘う毎日でした。
  なりふりかまっていられません。
  90歳なんてちっともめでたくないと思いながら撮影していました。
  しかし、支えてくれたスタッフや共演者の皆さんのおかげもあって、
  闘いに勝利できました。


  ーー「老いとはおっくうとの闘い」とよくおっしゃいます。


  ここからあそこに行くのもおっくうです。
  動かない体を動かすのがほんとに大変なんです。
  朝起きるときもそう。
  もう指から動かすしかしょうがない。

  指を動かして腕が動いたら、
  今度は足をうごかして。
  そうやって順番に体を起こして、
  自分をだましだましして、やっと立ち上がるの。


  ーーそれにしても美しい姿勢と身のこなしをキープしています。
    73歳のときから週1回のパーソナルトレーニングと、
    腹筋やストレッチの日課を続けています。


  これからも舞台に立ち続けるためには体力をつけなければ、
  と危機感をおぼえたのがきっかけです。
  長い付き合いのトレーナーとは、
  しょっちゅう『やれ』『やだ』なんてけんかしていますが、
  ちゃんと怒ってくれる人がいるから20年近く続けられているんでしょうね。
  ありがたいことです。
  私は一人だとすぐにサボってしまう方なので。


  ーー昨年90歳を迎えました。


  人生の終わりが近づいて、夜中にふと
   "私、いつこの世からいなくなるのかな”
  と思うことあります。
  だけど暗くなるような考え方はしたくないから、
  どうやったら90歳を楽しくいられるか、
  おもしろがっている自分もいます。
  (略)

  ここまで年を重ねてきた喜びも悲しみも、
  寂しさも、誇らしさも、すべてを受け入れて、
  自分を明るくリードしていくことが
  大切なのではないかと思っています。



実山椒を買ってくるよう指令が出ました

同居人から山椒の実を買ってくるよう指令が出ました。
スーパーLには見当たらずスーパーSに回ります。
ここは平均的にはやや値段が高いのですが、
他のスーパーで売っていないものを置いています。



ありました。
4パック。
熊本産です。
同居人は実山椒佃煮を作りました。
軸を外すとボリュームが大分減り、
小さな瓶にいっぱいになりました。

出てきたランチにビールが1本ついていた

クリッピングから
朝日新聞2024年6月8日朝刊別刷be
読者投稿欄「いわせてもらお」


  ◉思わぬ結果

  土曜日の昼前、beを読んでいた妻が、
  途中で昼食の準備に台所へ立った。
  私が「be、読んでいい?」と大声で尋ねると、
  「えー、もう? いいけど、少し早くない?」と返事。
  何か変だな?と思いつつもbeを読んでいたら、
  出てきたランチにビールが1本ついていた。

          (千葉県松戸市・役立つね・63歳)


そこはかとなくミルクキャラメル…

スーパーLを覗いていたら
気になる製品がありました。
森永クリームサンドクッキーです。
(2024年5月28日発売)


パッケージの惹句にこうあります。
「森永ミルクキャラメルの味わいをイメージしました」
さらに小さなフォントで、
「製品中にキャラメルパウダー2.3%使用」



買いました。
食べました。
確かにミルクキャラメルの味が
そこはかとなくするような…


森永ミルクキャラメルは今年発売111周年。
創業111周年の岩波書店トンボ鉛筆とコラボした
キャンペーンも展開中なんですね。
やるなあ…


岩波書店と森永ミルクキャラメルの111周年記念コラボしおり。書店で配布中)

私もあっという間ね。そんな年になるの? 親孝行してね!

クリッピングから
讀賣新聞2024年6月3日朝刊
人生100年の歩き方」里中満智子さん(マンガ家)④
 <大抵のことは受け入れる> 聞き手・久田恵さん(作家)


  久田 健康のために気をつけていることはありますか?
  
  里中 特にありませんが、
     自分の頭がまだ大丈夫かどうかを確かめるために、
     テレビのクイズ番組を見て、解答者と競ったりしています。
     でも、母親にはかなわないわ。
     私以上に対抗心を燃やして取り組んでいるの。

  久田 お母様はおいくつ?

  里中 97歳です。
     好きなものを見て、好きなことをやって、本当に元気。
     先日、世界最高齢の男性が亡くなった
     というニュースを見た時には、
     「私もあっという間ね。そんな年になるの?
     親孝行してね!」って(笑)。




散水車傾きながら角をまがれり(山本 隆)

クリッピングから
讀賣新聞2024年6月3日朝刊
読売歌壇(俵万智選)
今週の好きな歌3首、抜き書きします。


  「だいじょばない」不思議な言葉を耳にして
  使ってみたい気持ちになった

            狭山市 奥薗道昭


    【評】新しい言葉が生まれるのは、新しい思いがあるから。
       「大丈夫?」と聞かれて
       「大丈夫じゃない」とは、なかなか言えない。
      でも時には言いたい。マイルドに。
      若い言葉を頭ごなしに否定しない姿勢に共感した。


  誰ひとり悲しませずに出来るから
  クノールスープをスプーンで混ぜる

       守口市 小杉なんぎん


    【評】一人で完結していれば、誰も悲しませない。
      繊細な孤独の感覚が、日常の場面で捉えられた。
      下の句、長音が穏やかな気分を伝える。


  花冷えのパリのあしたを散水車
  傾きながら角をまがれり

       東大阪市 山本 隆


今週のもう1首。


  月曜の朝のオフィスに
  新人の太い眉毛が活気をくれる

        大阪市 川田ゆかる



(万智さん、募集中の課題は「色」。1首、参加してみました。6/17〆切)